VR Creators Labs認定 VR Creators養成コース

yousei2021.11-2022.02
yousei2021.09
yousei2106

関心のある分野を選択して、毎月変わるテーマを1ヵ月完結(全4回・20h)で受講できます。​

1テーマ(1ヵ月)=1単位、8単位取得するとVR Creators Labs認定クリエイターとして認定されます。

【本コースの受講条件】特記なき場合、Basic③の修了者​、修了レベル相当の経験者の方対象

11月~2月に開講する本格的なVRアプリ開発を目的とした「VRアプリ開発コース」から、身につけたいスキルに応じて1ヵ月単位での受講が可能です。各月のテーマ(習得スキル)は学習内容をご確認ください。

yousei2021.11-2022.02.jpg

​日程

毎週日曜日10時~16時(1h休憩)、オンライン

欠席時動画補習あり

​学習内容(例)

【11月】

PhotonによるVRマルチプレイヤーアプリ開発入門

【12月】

UniRxによるプロっぽいアプリ開発入門

(UniRx、UniTask、Dotween、非同期処理)

【1月】

外部サービス連携によるアプリの機能拡張

(クラウド連携、IoT連携、Firebase)

【2月】

XR教育マニュアル作成で学マルチデバイス対応コンテンツ制作(MRTKによるコンテンツ開発)

受講料

1ヵ月(1単位)=55,000円(税込)

​受講料のご案内

1テーマ(1ヵ月=1単位)1単位あたり

受講料:開催内容による

​入会金:22,000円(新規の方)

※オンラインでの実施予定​、定員次第受付終了

お支払方法:銀行振込/クレジットカード

yousei2021.09.jpg

​学習内容(例)

・OpenXRベースの最新のHoloLens2向け開発環境の構築

・MRTKが提供する主な機能の確認

(HandTracking、EyeTracking、空間把握など)

・HoloLens2の機能をいかしたスタンドアロンアプリの開発

・複数台のHoloLensと連携したシェアリングアプリの   

​ 開発とAzureの基礎

・スマートフォン(スマホAR)と連動したシェアリング 

 アプリの開発

【受付定員5名限定】

学習内容(例)より、参加者の希望や要望に応じて​学習内容を選択・決定していきます。

・さまざまなAzureのサービスとの融合

・Azure Remote Renderingの利用

・Azure Object Anchorによる物体の認識

・WebRTCの利用

目的

UnityやHoloLens2向けのSDKが、OpenXR Mixed Realityを本格的にサポートする方向に動き出したこともあり、

HoloLens2向けの開発のやり方が大きく変わりつつあります。

今までの作り方が時代遅れになる前に、HoloLens2の最新の開発手法を学び、加えてクラウド(Azure)が提供するサービスを最大限に生かした、今風のMRコンテンツの作成方法を学んでみませんか?

​日程

9/5、12、19、26

※全20h、毎週日曜日10時~16時(1h休憩)、欠席時動画補習あり

受講料

165,000円(税込)

(※)HoloLens2をお持ちでない場合には、受講期間中(9月)​レンタル等でHoloLens2をご用意の上、ご参加ください

※​8月のVR Creators養成コースは受講条件はございません。

yousei2106.jpg

※キャラクターデザインは行いません。sample素材(上図右下)を使用予定

​学習内容

・モデリング(顔、髪、体、服)

・リギング(アーマチュアの作成)

・スキニング(アーマチュアとモデルの関連付け)

・UV展開

・テクスチャペイント

・シェイプキー(表情)

・ポーズ、レンダリング

目標

​キャラクターモデルの制作を通してBlenderの機能を習得する

日程

8/8,15,22,29

※毎週日曜日10時~16時(1h休憩)、欠席時動画補習あり

受講料

55,000円(税込)

yousei2021.06.jpg

・ハンドトラッキングコンテンツの基礎

・MRTKによるコンテンツ開発

・コンテンツ開発における「疎結合」「抽象化」

​・UniRXによる疎結合の実装例

​・疎結合を応用したマルチデバイス対応

​※社会情勢を鑑みて通学可能な場合は実際の機材を使用し、HoloLens2やNRealLight向けコンテンツ制作の基礎講座も予定

目標

複数のXR機器向けコンテンツの効率的な開発手法を理解する

yousei2021.06.jpg

​学習内容

・ハンドトラッキングコンテンツの基礎

・MRTKによるコンテンツ開発

・コンテンツ開発における「疎結合」「抽象化」

​・UniRXによる疎結合の実装例

​・疎結合を応用したマルチデバイス対応

​※社会情勢を鑑みて通学可能な場合は実際の機材を使用し、HoloLens2やNRealLight向けコンテンツ制作の基礎講座も予定

目標

複数のXR機器向けコンテンツの効率的な開発手法を理解する

​成果物としてつくるコンテンツ:XR新人教育マニュアル

日程

6/6,13,20,27 ※毎週日曜日10時~16時(1h休憩)、欠席時動画補習あり

yousei2021.06.jpg

​学習内容

・ハンドトラッキングコンテンツの基礎

・MRTKによるコンテンツ開発

・コンテンツ開発における「疎結合」「抽象化」

​・UniRXによる疎結合の実装例

​・疎結合を応用したマルチデバイス対応

​※社会情勢を鑑みて通学可能な場合は実際の機材を使用し、HoloLens2やNRealLight向けコンテンツ制作の基礎講座も予定

目標

複数のXR機器向けコンテンツの効率的な開発手法を理解する

​成果物としてつくるコンテンツ:XR新人教育マニュアル

日程

6/6,13,20,27

※毎週日曜日10時~16時(1h休憩)、欠席時動画補習あり

受講料

55,000円(税込)

yousei2021.05.jpg

​学習内容

・レンダリングパイプラインと、URP概要

・ShaderGraphによるシェーダー開発

・VFX Graphによるエフェクト作成

​・Timelineによるコンテンツ開発

・Cinemachineによる表現の学習

・Waypoint系アセットによるカメラ移動の実装

・描画処理を軽くするための工夫

​※プログラミングはほぼ使わず、Unityの最新機能を使っていろいろな絵作りや表現を学びます。

目標

URPというUnityの新しい絵作りの仕組みを理解する

​成果物としてつくるコンテンツ:VRジェットコースター

日程

5/9,16,23,30

※毎週日曜日10時~16時(1h休憩)、欠席時動画補習あり

受講料

55,000円(税込)

yousei2021.04.jpg

​学習内容

・Quest開発環境構築

・c#でのデータの持ち方(配列、リスト、連想配列など)

・複雑な条件分岐

・ClassとInterface

・Event / Unity Event 

・簡単なステートマシンによるステートの制御

​・LINQ基礎

※スクリプト中心、C#をしっかり学びなおします。

目標

基礎を復習しつつ、C#を初級→中級へレベルアップする

​成果物としてつくるコンテンツ:VR脱出ゲーム

日程

4/4,11,18,25

※毎週日曜日10時~16時(1h休憩)、欠席時動画補習あり

受講料

55,000円(税込)

​受講料のご案内

1テーマ(1ヵ月=1単位)1単位あたり

受講料:開催内容による

​入会金:22,000円(新規の方)

※オンラインでの実施予定​、定員次第受付終了

ご参加希望月やご興味のある開催月を記載の上、

​お気軽にお問い合わせください。

お支払方法:銀行振込/クレジットカード